WORKS制作実績

クライアントや事業パートナーのWebサイト/サービス、CI・VI開発、 各種分析業務や改善活動のサポートなど
DR.BRIDGEサービスを利用したプロジェクト制作実績です。診療科目ごとに事例をご覧いただけます。

CATEGORY

ABOUT血管外科のホームページ制作について

血管外科のホームページでは、下肢静脈瘤の日帰り手術、心臓血管外来、動脈硬化外来、リンパ浮腫、カテーテル治療、硬化療法、ストリッピング治療、弾性ストッキング、グルー治療、シャント手術、レーザー治療、高周波(ラジオ波)治療などの情報について掲載をご希望の先生が多くいらっしゃいます。しかし患者さんの多くは、自身の病気や治療法について詳しくわかっておりません。実際の患者さんは、治療法からクリニックを選ぶのではなくご自身の症状・状態についてインターネットで調べて医療機関を探しています。

血管外科のホームページを制作するうえで、このような患者さんとクリニックのギャップを埋めながら、患者さんが見やすく分かりやすい文章を用いて掲載されていることで、ご来院につながっていきます。下肢静脈瘤の日帰り手術についての見せ方、循環器内科ページの見せ方、患者さんがネットで検索している血管外科のキーワード、検索されやすい疾患名についてホームページにしっかりと反映していくことが重要です。

ドクターブリッジでは、これまでに制作している840施設の事例の中から、患者さんが分かりやすく伝わりやすい文章、なおかつクリニックに最適なホームページの制作を提案しております。ホームページ制作において、できる限り先生方の負担を軽くするように、掲載する原稿案の作成のサポートも行っております。当グループは全国どこでも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

03-6427-9941
お問い合わせ